オーディションの服装一覧|OK例・NG例を紹介

オーディションを受ける場合、演技力やコミュ力も大切ですが、服装にも力を入れましょう

服装を意識して、オーディションに合格しやすくなるというわけではありませんが、印象が良くなることは事実です。

そのため、少しでもオーディションに合格しやすいような服装を意識して、当日臨むことが大切です。

【この記事をまとめると】

オーディション時に服装を選ぶポイント

  • オーディションに合わせて服装を選ぶ
  • 個性が強い派手な服は控える
  • 清潔感を意識した服装選びをする

オーディションでチョイスしたい服装一覧

  • 清潔感がある服装
  • シンプルな服装
  • スタイルがよく見える服装
目次(タップでジャンプ)

オーディション時の服装の選ぶポイント

オーディションを受ける場合、服装に重点を置いたほうが吉です。

普段着で行ったところで、印象が悪くなります。

服装選びのポイントを紹介すると、以下のとおりです。

【オーディションの服装を選ぶポイント】

  • オーディションに合わせた服装選びをする
  • 個性が強い服装は避ける
  • 清潔感を意識して服装を選ぶ

オーディションで目立ちたいと思って、個性が強い派手な服装をする人がいますが、NGパターンです

できる限りシンプルな服装を心がけ、オーディションに臨みましょう。

オーディションに合わせた服装選びをする

オーディションを受ける際は、内容に合わせた服装選びが大切です。

オーディションにも、以下のように種類があります。

【オーディションの種類】

  • CMのオーディション
  • 舞台、テレビのオーディション
  • 声優のオーディション
  • キッズタレントのオーディション

たとえば、テレビのオーディションの場合は、配役別で募集されることが多いです。

そこで、ギャル系の役が募集されているなら、ややギャル系の服を意識しましょう
(派手すぎる格好はNGです)

清楚系の役なら、シンプルな清楚系の格好をおすすめします。

また、芸能事務所や養成所のオーディション場合は、一般受けするような服装がおすすめです。
(白シャツ+デニムorスキニーなど)

オーディションによって変えることで、その場の雰囲気に合った対応ができます。

個性が強い服装は避ける

オーディションの服装選びは迷いますが、個性が強い服装は避けたほうが無難です。

どちらかというと、シンプルな服装を選びましょう。

日常的に、派手なファッションをしている場合は、オーディション用に購入したほうがベストです

もちろん、原宿系のテレビやモデルのオーディションなら、派手な格好でも問題ありません。

しかし、一般募集されているような舞台のオーディションや、事務所のオーディションでは、シンプルな服装がベストです。

派手な格好をしてしまうと、それだけで変な印象がつく場合もあります。

地味すぎる格好もNGなので、明るくシンプルな格好を心がけましょう

清潔感を意識して服装を選ぶ

案外、オーディションで見られているポイントが、清潔感があるかどうかです。

清潔感がない服装をしていると、高確率で落とされてしまうので、注意しましょう。

テレビで活躍しているタレントや、モデルを見るとわかりますが、どの人も清潔感があります

最近では、透明感を売りにするような事務所も多いです。

清楚系の格好はもちろんですが、以下の点も意識したいところです。

【服装以外で意識したいポイント】

  • 服にシワ・シミがついていないかどうか
  • 口が汚れていないかどうか
  • 靴が汚れていないかどうか

いくら、清楚系の服装を意識したところで、シミやシワがついている人は論外です。

さらに、足元まで見られていることがあるため、靴にも注意を向けましょう。

オーディションでウケがよい服装の例

オーディションでは、ウケがよい服装を設定したいところです。

男女問わず、以下の服装はウケがよいのでおすすめです。

【オーディションでウケがよい服装の例】

  • 清潔感があり清楚に見える
  • シンプルな服装
  • スタイルがよくわかる服装

シワだらけのシャツを着ていくよりも、事前にクリーニングに出して、シワ一つない服装でいったほうが印象はよいです

また、スタイルでアピールできるポイントがあるなら、そのスタイルをよく魅せるような服装を意識しましょう。

清潔感があり清楚に見える

選ぶポイントでも紹介しましたが、清潔感がある服装は印象が良くなるのでおすすめです。

女性なら、白ブラウスにスキニーパンツなどが無難です。

男性の場合も、シャツにジーンズのようなカジュアル系の格好を意識しましょう

Tシャツやパーカーは少しラフすぎるので、あまり推奨しません。

オーディション側からは、とくに服装が指定されることはありません。

そのため、迷う人も多いです。

イマイチ定まらないなら、GUやユニクロを見て、シンプルで清楚な服装を参考にしながら服選びをするとよいでしょう。

シンプルな服装

個性がある服装もオーディションによってはありですが、合格する気でいるならシンプルな服装にしましょう。

派手な服装よりも、万人受けを狙ったほうが合格しやすくなります

先ほどの清楚系の格好に共通しており、第三者から見てシンプルだと思われるような服装がベストです。

イメージがわかない人は、以下を意識しましょう。

【シンプルな服装の例】

  • オフィスカジュアル
  • シャツ+パンツスタイル
  • ブラウス+スラックススタイル

足元はスニーカーかパンプスがベストで、新調したものがおすすめです。

清楚かつシンプルに見える格好なら、ビジュアル面で判断されることは少ないです。

スタイルがよくわかる服装

スタイルで何かしらのアピールポイントがあるなら、スタイルがよくわかる服装をおすすめします。

足が細い人は、それだけでスタイルが見えるので、ラインがよく見えるようなスキニーパンツはおすすめな服装です

ただ、注意したいことは、露出が高め服装は着ないことです。

NGパターンでも解説しますが、胸が大きい人が露出を高めてアピールすると逆効果になります。

どちらかというと、ボディラインがはっきり見えるシャツや、ニットがおすすめです。

男性も同様で、アピールしたい場所があるなら、その場所が強調されるような服装を来ましょう。
(例:筋肉をアピールしたい→サイズがぴったりなシャツなど)

オーディションでNGな服装一覧

オーディションに参加する際、NGな服装もあります。

合格率が下がるので、それぞれ把握して意識しましょう。
(具体的には以下のとおり)

【オーディションでNGな服装一覧】

  • 露出が高く下品な服装
  • 地味で暗く見える服装
  • 派手すぎる服装

これらの服装は、どれもおすすめできません。

オーディションの主役はあくまでもあなたなので、服装で目立ちすぎないようにしましょう。

露出が高く下品な服装

グラビアアイドルや、女優のオーディションでよく多い服装が、露出が高い服装です。

もちろん、露出が高い服装でも受かる人はいますが、大半のオーディションでは落ちます

オーディションの判断次第で、露出度が高い服装は下品にみられてしまいます。

特に、清楚・透明感を押しているような事務所のオーディションでは、高確率で落とされるでしょう。

アピールしたいポイントがあった場合でも、清楚な服装がおすすめです。

地味で暗く見える服装

地味すぎる服装は、暗く見えてしまうのでおすすめしません。

暗い印象を受けると、その時点でマイナスイメージですからね。

シンプル系の服装をすると、どうしても地味で暗くなる人もいますが、服の色やアイテムに気を遣うと改善します
(具体的には以下のとおり)

【明るく見える服装・コーデ一覧】

  • 白シャツ・ブラウス+パンツスタイル
  • パステル系の色がついたシャツ・ブラウス
    (例:イエロー、ブルーなど)
  • モノトーンスタイル
    ※上は明るめのアイテムがおすすめ

地味なカラーは使わずに、白やパステルカラーを積極的に使いましょう。

しかし、全体を明るいコーデ(ワンピースは除く)にしてしまうと、スタイルが悪く見えます

そのため、上半身は明るい色の服装にして、下は暗めのアイテムで上半身を目立たせるとよいです。

派手すぎる服装

地味で暗い服装がNGなので、派手な服装をチョイスする人もいます。

派手の限度にもよりますが、原宿系の派手すぎる服装はおすすめしません。

オーディションの内容によっては、派手な服装を推奨されることもあります。

しかし、ほとんどのオーディションでは求められていません

TPOをわきまえるという意味でも、派手過ぎずシンプル過ぎない格好をチョイスしましょう。

もちろん、オーディションでは服装だけが判断されているわけではありません

服装以外にもみられているポイントはありますが、第一印象ではじかれる可能性も考えられます。

無意味なところではじかれないためように、服装はしっかり意識したいところです。

オーディションで服装以外に意識したいこと

オーディションは服装も大切ですが、服装以外にも意識したいことがあります。

ビジュアル面で紹介すると、以下を意識しましょう。

【オーディションで服装以外に意識したいこと】

  • ヘアスタイル
  • メイク※とくに女性は
  • 手先・足先

服装にばかり気を取られてしまい、別の場所に気が使えない人も少なくありません。

オーディションでは服装だけではなく、全体的にみられているため要注意です。

ヘアスタイル

服装をしっかり決めたとしても、ヘアセットをしていないと浮きます。

そのため、服装に合わせたヘアセットをすることが大切です

男女別で、オーディション用のヘアスタイルを紹介すると、以下のとおりです。

【オーディション用のヘアスタイル一覧】

男性の場合

  • 整髪料でセットする
  • 短髪がベスト
  • 好青年がアピールできるヘアスタイル

女性の場合

  • 前髪は目にかからない程度にする
    (長い場合はかきあげる)
  • 暗い色がベスト
  • 服装にあった髪の毛にする

服装に合わせることを意識して、ヘアセットすることが大切です。

男性は、整髪料を付けすぎないように気を付けましょう。
(清潔感がない人だと思われます)

メイク※とくに女性は

女性でオーディションを受ける場合は、メイクも意識しましょう。

内容にもよりますが、アイドルや清純な役のオーディションの場合、ナチュラルメイクがおすすめです

オーディション用のメイクを考えると、対応もしやすくなります。

また、最近では男性でもメイクをする人が増えています。

女性ほどがっつりメイクをする必要はありませんが、印象が良くなるのでおすすめです。

【男性のメイク例】

  • ファンデーションで肌をきれいに整える
  • アイシャドウで堀を深くする

ファンデーションをするだけでも、印象が変わります。

最近では、メンズメイクのやり方がYouTubeに公開されているため、参考にするとよいでしょう。

手先・足先

案外意識している人が少ないポイントが、手先と足先です。

手先に関しては、爪を切って整えておくことが大切です。

女性の場合は、軽くネイルをしていると印象もよくなります。
(最近では男性でもネイルをする人が増えています)

また、足元もオーディションでは見られており、きれいな靴を履いていきましょう

服装だけきっちりしたものにしたところで、足元が汚いと清潔感がない人だと思われます。

だらしなく見えてしまう可能性もあるため、要注意です。

まとめ【オーディションで服装は最重要】

オーディションは、服装以外にもみられるポイントはあります。

しかし、第一印象は服装から入るため、しっかり力を入れたいところです

あらためて印象がよい服装を紹介すると、以下のとおりです。

【オーディションで印象がよい服装一覧】

  • 清楚な服装、シンプルな服装
  • スタイルがよく見える服装
  • 明るめの服装

個性は極力出さずに、明るめでシンプルな服装がおすすめします。

また、服装以外にも、”ヘアスタイル・メイク”にも力を入れたほうが、合格しやすくなります。

オーディションに通過するためにも、それぞれ意識しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

芸能界に興味があったがなんか怖くなって挫折した男です。
今ではその時の熱をもとに色んなオーディション情報を更新しています。

コメント

コメントする

目次(タップでジャンプ)