MENU

オーディションに落ちた!気持ちの切り替え方を紹介!

オーディションは狭き門で、通過しない人のほうが多いです。

むしろ、落ちる人のほうが多いため、落ちたからと言って気にする必要はありません

今回は、オーディションに落ちた人のために、具体的にどのようなことをすればいいのかを解説します。

【この記事をまとめると】

オーディションに落ちた人がするべきこと

  • 別のオーディションに切り替える
  • 落ちた理由を考える
  • 次回のオーディションの準備をする
    (例:自分磨き・稽古)

オーディションに落ちた人が気持ちを切り替える方法

  • 別のオーディションを探す
  • オーディション以外に打ち込めることを身うtケル
  • 自分の夢・目標を書き上げる
目次

オーディションに落ちても気にしない!

オーディションは、落ちたからと言って気にする必要はありません。

受ける数よりも、採用枠のほうが少ないですからね。

ただ、受かるためにその分努力をする必要はあります

努力をしたうえで落ちた場合は、縁がなかったと思うしかありません。

Twitterを見ると、オーディション落ちた人は多く存在します。

正直、オーディションは運の要素もあります。

確実に受かるという手ごたえがあっても落ちる場合があれば、調子が悪いと思ったオーディションに受かることもあります。

このようなことを考えると、落ちたとしてもそこまで落ち込む必要はありません。

オーディションで落ちた人がするべきこと3選

オーディションに落ちた場合、いつまでもくよくよしていても仕方がありません。

次のことを考えて、前に進むことが大切です。

当編集部からおすすめできるのは、以下のとおりです。

【オーディションに落ちた人がするべきこと】

  • 別のオーディションに切り替える
  • なぜ落ちたのかを考える
  • 自分磨き・稽古をする

絶対に合格したいオーディションがある場合は、もう一度その事務所や配役のオーディションがあるまで待つこともありです

しかし、とりあえず俳優やモデルとして活動したいなら、開催されているオーディションに応募することをおすすめします。

別のオーディションに切り替える

オーディションに落ちた場合は、次に切り替えることが大切です。

もちろん、自分が入りたかった事務所や、出演したかった舞台のオーディションに落ちると落ち込みます。

しかし、いつまでも落ち込んでいると、前に進めません。

気持ちを切り替える意味でも、別のオーディションに切り替えることが大切です

落ちたオーディションにもよりますが、事務所のオーディションに落ちた場合は、新しい事務所を探しましょう。

ネットで、「事務所 オーディション」と調べると、それぞれ出てきます。

応募できそうなオーディションがあれば、積極的に応募すると吉です。

なぜ落ちたのかを考える

オーディションに落ちた場合、なぜ落ちたのかを考えましょう。

落ちた原因については教えてくれませんが、オーディションを振り返るとわかることもあります。

実際にオーディションをしている人に話を聞くと、以下のことで落とすことが多いとのこと。

【オーディションに落ちる理由・原因】

  • そもそもオーディションに合っていなかった
  • 別に優秀な人がいた
  • 演技力不足
  • 採用基準を満たしていなかった

オーディションによって、さまざまなので一概には言えません。

一度振り返って、落ちた理由がわかったら、あとはそれを解決するのみです。

オーディションに合っていなかった場合は、別の事務所や舞台のオーディションに参加するとよいです

演技力やビジュアル面で落ちたと感じたら、自分磨きをおすすめします。

自分磨き・稽古をする

オーディションに落ちた理由がわかったら、自分磨きや稽古に徹底しましょう。

自分磨きでは、ビジュアル面や内面を意識するとよいです。

また、オーディションでは、服装も重視されることがあります

清楚系やシンプルな服装が求められるため、ウケがよい服装を用意しましょう。

演技力やコミュ力の問題で落ちた場合は、徹底的に稽古をしたほうが吉です。

オーディションの内容にもよりますが、事務所・養成所のオーディションでも、稽古はしたほうがよいです

アドリブで演技を求められることもあり、柔軟に対応できるかが試されます。

そのため、常に自分磨きをして、いつでもオーディションに臨める準備をすることが大切です。

オーディションに落ちた原因・理由

オーディションに落ちる理由は、人によって異なります。

落ちたことを、「自分の実力不足」だと思う人も多いですが、以下の理由がほとんどです。

【オーディションに落ちた原因・理由】

  • タイミングが悪かったから
  • オーディションが合っていなかったから

オーディションに受かるかどうかは、実力よりも運やタイミングが関係しています。

また、オーディションがそもそも合っていなかった可能性があるため、そこまで落ち込む必要はありません。

タイミングが悪かったから

オーディションに落ちた人は、タイミングが悪かった可能性があります。

オーディションに受かるかどうかは、タイミングと運があります。

事務所のオーディションを例に挙げると、応募人数が少なければその分合格する確率もアップします

しかし、応募人数が多ければライバルが多いということになるため、合格率は低下します。

そのため、オーディションに落ちたとしてもそこまで気にする必要はありません。

実力不足ではなく、タイミングが悪かっただけの話です。

オーディションが合っていなかったから

オーディションが、そもそもあなたに合っていなかった場合は、落ちる可能性が高いです。

事務所や養成所のオーディションでも、得手不得手があります。

オーディションをする側が求めている人材と、あなたが違った場合は合格する可能性は低いです。

例えば、清純派モデルのオーディションをしている場所に、ギャル系の人が行っても受かりません

また、オーディションには、それぞれ求める条件があります。
(例:年齢、演技力、コミュ力など)

そのため、オーディションに応募する際は、自分が条件に満たしているかどうかをまず判断することが大切です。

オーディションに落ちた人が気持ちを切り替える方法

オーディションに落ちた場合、気持ちを切り替えることも大切です。

当編集部からは、以下の方法をおすすめします。

【オーディションに落ちた人が気持ちを切り替える方法】

  • 別のオーディションを探す
  • 別のできることに打ち込む
  • 自分の夢・目標をリストアップする
  • 自分の強みを見つける

俳優やモデルになることが夢なら、受かるまでオーディションに参加することもありです。

まだ、メンタルが回復しないなら、別にできることに打ち込んで、気を紛らわすことも一つの方法ですよ。

別のオーディションを探す

オーディションに落ちた場合は、気持ちを切り替える意味でも、別のオーディションに参加するのもよいでしょう。

オーディションにはそれぞれ種類があり、事務所のオーディションや舞台のオーディションなどがあります

事務所のオーディションの場合は、年齢を満たしていれば、基本的に誰でも受けられます。

舞台のオーディションも、事務所のオーディション同様に、年齢などを満たしていれば問題ありません。

しかし、ある程度舞台での経験がある人や、劇団に所属している人ではないと受かる可能性は低いです。

何もない状態で受けるなら、事務所や養成所のオーディションがベストです。

別のできることに打ち込む

別のことに打ち込むと、オーディションに落ちたことを気にせず生活できる場合があります。

することはいくらでもありますが、当編集部からは以下をおすすめします。

【オーディション以外に打ち込めること】

  • 自分磨き
  • 趣味に没頭する
  • 稽古をする
    (例:演技、歌唱力アップなど)
  • 軽く旅行をする

上記のなかから、自分に合った気持ちの切り替え方を選んで実践しましょう。

将来的にオーディションを受ける場合は、自分磨きや稽古はおすすめです。

気軽に気持ちを切り替えたいなら、趣味や好みを見つけて没頭するのもありです

旅行も気分転換になるので、少し遠い所に行って自分を見つめなおすこともよいでしょう。

自分の夢・目標をリストアップする

オーディションに落ちると、モチベーションが低下します。

そのモチベーションを回復させたいなら、あなたの夢や目標を一度リストアップしましょう。

当編集部でおすすめしていることは、ノートにリストアップすることです。

このご時世、スマートフォンやパソコンで簡単にリストアップできますが、あえてアナログの媒体で書き出すことには意味があります

ノートに書きだすことで、いつでも見直せるからです。

オーディションに合格したあとのことや、将来的にどうなりたいのかをリストアップし、具体的な目標を立てましょう。

その目標を達成するためには、何をすればいいかを書き出して、参加するべきオーディションを見つけていきます。

自分の強みを見つける

オーディションに落ちた理由を考えたときに、周りより個性がないことに気付く人がいます。

しかし、どの人にも個性はあるので、オーディションで役に立つ強みを見つけるとよいでしょう

オーディションで役に立つ強みは、演技力やコミュ力ではありません。

いずれも、練習すればだれでもに身につくからです。

あなたにしかない個性を磨くことで、オーディションも受かりやすくなります。

まとめ【オーディションに落ちたら切り替えが大事】

オーディションに落ちる人は多く、合格する人のほうがまれです。

その狭き門を通過するためには、自分磨きや稽古が必要です。

もちろん、オーディションに落ちるとメンタルにきますし、落ち込んでしまいます

しかし、落ち込んだとしてもオーディションに合格するわけではありません。

落ち込む時間はわずかにして、気持ちを切り替えることが大切です。

切り替え方はさまざまですが、具体的には以下が挙げられます。

【オーディションに落ちた際の気持ちの切り替え方】

  • 別のオーディションを探す
  • オーディション以外のことに没頭する
  • 目標や夢を改めて考える
  • 自分の強みを見つけて武器にする

無理して別のオーディションに進む必要はありませんが、気持ちの切り替えという意味でも受けることもありです

また、オーディションから離れて、気持ちのリフレッシュをすることもありなので、自分なりの気持ちの切り替え方法を見つけましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

芸能界に興味があったがなんか怖くなって挫折した男です。
今ではその時の熱をもとに色んなオーディション情報を更新しています。

コメント

コメントする

目次