MENU

テアトルアカデミーの費用が払えない場合の対策!

テアトルアカデミーは、有名子役やタレントが在籍していることもあり、オーディションを受けようと思っている人も少なくありません。

しかし、ネットには「入学金が高い」「費用が払えない」という声もあるようで、悩んでいる人も多いです。

そこで今回は、テアトルアカデミーの入学金や費用が払えない場合の対策を紹介します。

この記事をまとめると

テアトルアカデミーの入学金の種類

  • 189,000円コース:在籍維持費が別途2,160円かかる
  • 270,000円コース:在籍維持費+進級費用が免除される

テアトルアカデミーで費用が払えない時の対策

  • 事前に調べてからオーディションを受ける
  • 別の事務所と比較する

テアトルアカデミーの評判・口コミ|やばい事務所って本当?

目次

テアトルアカデミーの費用は高い?入学金を紹介

テアトルアカデミーについて調べると、入学金が高いという声が出てきます。

合格したところで、費用が払えないという人も多いようです。

しかし、入学金の高さを気にせずに、レッスンを楽しみにする人がいることは事実

事務所やスクールは、テアトルアカデミーに限らずどうしてもお金がかかります。

無料で入れるほど甘くない世界なので、必要経費としてとらえるしかありません。

ちなみに、テアトルアカデミーの入学金は、大きく分けて二つ用意されています。

テアトルアカデミーの入学金
  • 189,000円コース:入学金135,000円+教育充実費54,000円
    →月々在籍維持費が2,160円かかる
  • 270,000円コース:上記の料金+施設拡充費81,000円
    →在籍維持費と進級にかかる費用が免除になる

最安コースは189,000円で、大手の事務所では平均水準です。

そのため、特別高いというわけではありません。

テアトルアカデミーの費用が払えない人は多い?

テアトルアカデミーの入学金について調べていると、以下のような声が見つかりました。

この前軽い気持ちで

テアトルアカデミーに応募したら

第一審査通ったんですけど

みなさんなら第二次審査いきますか?

私は行かないつもりです!

仙台と東京で遠いし

受かったとしても入学費で

めっちゃお金かかるみたいなので笑

引用:mamari

軽い気持ちでテアトルアカデミーに応募した人が、質問していました。

オーディション自体は無料で受けられ、入学する際に費用が掛かります。

そもそも、軽い気持ちで応募することが間違っています。

本当にテアトルアカデミーに入ろうと思っている人は、入学金が高くても所属します。

気持ち半ばでオーディションに臨んだとしても、落ちるだけですからね。

上記の質問に対しての答えでは、「費用が高い」「お金を積めば受かる」などと散々の言われようでした。

有名タレント・子役も輩出している大手の事務所で、毎回のオーディションでは5,000人近くの人が応募しています。

そのため、批判的な声があることも理解できますが、あまり気にしないことが大切です

テアトルアカデミーの費用が払えない場合の対策

テアトルアカデミーで支払う費用は、入学金のほかにレッスン料があります。

その辺を含めて、費用が払えない人は、事前に対策をしておきましょう。
(具体的には以下のとおり)

テアトルアカデミーで費用が払えない場合の対策
  • 入学金について調べてからオーディションを受ける
  • 別の事務所と比較する

本気でテアトルアカデミーに入学しようと思っている人は、ある程度情報を調べてからオーディションを受けます。

気持ち半ばで応募して、最終的に費用が払えないとならないように、入学金やレッスン料について調べておくことが大切です

入学金について調べてからオーディションを受ける

テアトルアカデミーの費用が払えないとなる前に、いろいろなことを調べたうえでオーディションを受けることをおすすめします。

口コミを見ると、以下のような声が目立ちました。

「ノリで受けたら合格した」「なんとなくで受けたら合格した」など、軽い気持ちで受けている人が多いです。

この合格が、一次審査なのか二次審査なのかは不明ですが、本気で受かりたかった人もいるはずです。

テアトルアカデミーは誰でも受かるとも言われているものの、当編集部で調べた結果、合格率は10%未満でした。
(オーディションの開催時期にもよる)

そのため、いざオーディションを受けて合格した後に、費用が払えないとならないように、入学金やレッスン料について調べておくことが大切です

そのほかにも、タレント写真やタレント名鑑の記載料など、入所したら別途かかる費用もあります。

この辺は、公式サイトにて問い合わせると回答してくれることなので、事前に聞いておくことが大切です。

別の事務所と比較する

テアトルアカデミーの入学金が高く、費用が払えないという人は、ほかの事務所との比較をするとよいです。

どうしてもテアトルアカデミーに入れたい人は別ですが、事務所やスクールならどこでもいい人は、料金比較をして別の事務所を選ぶ方法もあります。

子役に重点を置いた場合、テアトルアカデミー以外には以下が有名です。

子役事務所・プロダクション一覧
  • 劇団東俳
    →井上真央さん、大沢あかねさんが所属していた事務所
  • 劇団ひまわり
    →加藤清史郎さんが所属していた事務所
  • ジョビィキッズ
    →寺田心さん、芦田愛菜さんが所属していた事務所
  • セントラル株式会社
    →大橋のぞみさん、神木隆之介さんが所属していた事務所

このように、調べるといくらでも出てきます。

オーディションの基準は異なるものの、幅を広げるという意味では、別事務所も視野に入れましょう

補足:ほかの事務所の入学金・諸費用早見表

入学金が高く、費用が払えないという人は、料金で事務所を選ぶことも方法の一つ。

子役タレントを募集している事務所の、入学金や諸費用をまとめてきたので、参考にしてください。

事務所名入学金レッスン料(月謝)
テアトルアカデミー189,000円~16,200円~
劇団ひまわり154,000円~
※青年部は198,000円
なし
ジョビィキッズ3~20万円程度
※詳細は不明
15,000円~
セントラル株式会社非公開所属で年間17万
レッスン費用40万弱

入学金を非公開にしている事務所や、レッスン料がかからないところまでさまざまです。

比較すると、テアトルアカデミーが特別高いという印象は受けません。

むしろ、どの事務所も大差ないほど料金がかかるため、子どもにオーディションを受けさせて所属させるためには、ある程度のお金が必要なことがわかります

まとめ【よく考えてオーディションに応募するべき】

テアトルアカデミーに限らず、事務所やスクールのオーディションを受けさせる場合は、よく考えることをおすすめします。

費用が払えないという人の口コミを見ると、「ノリで応募した」「なんとなくで応募したら受かった」という人が目立ちました。

子どもからすると、本当に望んでいないことかもしれません。

仮にも、子どもが本気で子役を目指していて、事務所に入りたいと思っているなら、事前にいくら必要なのか調べておくべきです。

無事合格したときのために、貯金をしておくとよいでしょう。 

子どもの明るい将来のためにも、しっかり調べておくことが大切です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

芸能界に興味があったがなんか怖くなって挫折した男です。
今ではその時の熱をもとに色んなオーディション情報を更新しています。

コメント

コメントする

目次