MENU

アイドルになりたい人が意識するべき5つのコツ|なり方も紹介

テレビやYouTubeで活躍しているアイドルを見て、「アイドルになりたい」と思う人も少なくありません。しかし、具体的に何をすればいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

アイドルになる方法は複数ありますが、もっとも簡単な方法はオーディションを受けることです。

本気でアイドルを目指すなら、芸能事務所が開催しているオーディションに参加することです!

【この記事をまとめると】

アイドルになる方法!

  • 芸能事務所に入る
  • オーディションを受ける
  • 養成所・スクールに入る
  • スカウト

アイドルになるために必要なコツ・スキル!

  • プロ意識・自覚を持つ
  • 売れるための努力をする
  • 歌唱力、ダンス、ビジュアル
目次

アイドルになりたい人が実践したいおすすめの方法4選

アイドルになりたいなら、自分に合った方法を見つけることが大切です。

さまざまな方法がありますが、当編集部からおすすめしたいのは以下のとおりです。

【アイドルになるための方法】

  • 芸能事務所に所属する
  • オーディションを受ける
  • 養成所・スクールに入る
  • スカウトを受ける

現実的で、最短でアイドルになれるのは、オーディションです。アイドルの養成所・スクールに入ると、オーディションを受けるチャンスがあるので、所属するのもありです。

芸能事務所に所属する

アイドルになりたい人は、芸能事務所への所属を検討しましょう。

大手事務所・個人事務所かどうかはさておき、事務所に所属するとアイドルとしての活動がしやすくなります。

フリーでの活動ではなく、事務所がとってきた仕事をこなすことになるので、アイドルとしての活動の信ぴょう性が増します。

引用:蜂蜜★皇帝公式ホームページより

事務所に入るためにはオーディションが必要です。地下ドルの公式サイトでは、”メンバー募集”としてオーディションや面接を募集しているところも少なくありません。

少しでもアイドルとして活動する確率を上げたいなら、地下ドルのオーディションを受けるのも方法の一つです。
(大手事務所よりは受かる可能性が高い)

オーディションを受ける

芸能事務所に入るにしても、オーディションを受ける必要があります。そのため、アイドルになりたいなら、オーディションが王道です。

オーディションの種類はさまざまですが、ネットでは以下のような募集があります。

【アイドルオーディションの種類】

  • 大手事務所のオーディション
    (例:坂道グループ、ホリプロなど)
  • ご当地アイドルのオーディション
  • 地下道るのオーディション

オーディション合格後は、スクールや事務所に所属して、インディーズのアイドルとして活動する必要があります。

既にアイドルとして活動しているグループに所属すると、すぐにお仕事がもらえることが多いです。しかし、まだデビューをしていないグループの場合は、研修生として活動して数回ライブ活動をこなしたあとに、正式的にデビューできます。

引用:オーディションプラスより

アイドルオーディションを専門に紹介しているサイトも存在し、さまざまなオーディションが募集されていることがわかります。

人気アイドルの場合は倍率も高いですが、地下ドル・ご当地アイドルならチャンスがあるので、まずはオーディションを受けるとよいでしょう。

養成所・スクールに入る

段階を踏んでアイドルになりたいなら、養成所やスクールに所属するのもありです。ダンススクールやアクターズスクールからアイドルになるケースは珍しくありません。
(例:Perfume、BABYMETALなど)

オーディションからアイドルになる方法に比べると、アイドルに必要なことを学びながら夢をかなえられます。スクールにもよりますが、以下のようなことを学べます。

【スクール・養成所で学べる事】

  • ダンスの練習
  • 歌唱力
  • 演技力

大手事務所とコネクションがある養成所だと、優先的オーディションの話が回ってきます。そのため、スクールや養成所でアイドルとしての所作を学びつつ、大手事務所のオーディションを待つのも方法の一つです

スカウトを受ける

アイドルとして活動している人のなかには、事務所や養成所からスカウトを受ける人も少なくありません。

スカウトと聞くと、渋谷や原宿の街中で声を掛けられることを想像する人も多いですが、最近はネットに移行しつあります。

筆者の知り合いの地下ドルは、ライブ配信アプリでスカウトを受けたそうです。
(例:ビゴライブ、ポコチャ、17liveなど)

また、YouTubeに動画投稿をして、そこからスカウトを受けるような人も少なくありません

養成所で活動している人なら、ダンスイベントの動画をYouTubeに公開することもあるので、そこからスカウトが来ることもあります。

アイドルになるために必要なコツ・スキル一覧!

オーディションに合格するためには、それぞれコツが必要です。

これは、アイドルになりたい人に限らず、芸能事務所や養成所に入るうえで必要なことです。

仮に、あなたがアイドルなりたいと思っているなら、以下のコツやスキルは身に着けておきましょう。

【アイドルに必要なコツ・スキル】

  • アイドルとしてのプロ意識・自覚を持つ
  • 売れるための努力
  • 歌唱力・ダンス・ビジュアル
  • ファン対応の社交性
  • 自分だけの武器を持つ

もちろん、今から急に身に着けるようなスキルではありません。養成所に入って学ぶ方法もありなので、自分のペースに合わせてアイドルに近づいていきましょう。

アイドルとしてのプロ意識・自覚を持つ

アイドルになるためには、プロ意識が必要です。普通の職業とは違い、アイドルは夢を売る仕事です。

演者としてステージに立つ以上、アイドルになり切る必要があります。正直な話、プライベートはほとんどないといってもよいでしょう。

もちろん、売れないアイドルとして活動するなら別ですが、本気でアイドルとして売れたいと思っているなら、常にアイドルでいる必要があります。

アイドルは、最低でも以下のようなことを求められます。

【アイドルで必要なこと】

  • 挨拶ができるかどうか
    →できない時点でオーディションを落とされる可能性がある
  • 愛嬌・明るい性格
    →キャラではない限り極力明るくふるまう
  • 強いメンタル・フィジカル
    →養成に耐えられるほどのメンタルとフィジカルが必要
  • 協調性
    →グループとして活動するうえで必要

養成所や事務所で学んでいくことも大切ですが、普段の生活で意識できることなので、アイドルになりたい人は意識しましょう。

売れるための努力

こちらは、アイドルになってからの話ですが、売れるための努力は常に欠かさなければなりません。先ほども触れましたが、プロ意識を持つなら、プライベートを返上して、常にアイドルでいる必要があります。

恋人を作ろうと思ってもできませんし、イメージを損なわないためにも、飲酒や喫煙は控えなければなりません。そのほかにも、以下の努力をかかさずおこなう必要があります。

  • ボディーメイキング
  • 持久力アップ
  • ボイトレ、ダンストレーニング
  • メイクの研究

アイドルは、人前に出る仕事なので、常に自分磨きをする必要があります。逆に、これらのことを意識するだけで、プロ意識が低いアイドルと差をつけられるわけです。

さらに、オーディションを受ける前から意識しておくと、ほかのアイドル候補生にも差をつけられますよ!

歌唱力・ダンス・ビジュアル

天性の才能でもありますが、アイドルとして活動するなら、”歌唱力・ダンス・ビジュアル”は必要不可欠です。最近では歌って踊れるアイドルが当たり前の時代になり、歌唱力やダンスはそこまで重視されない傾向にあります。

しかし、売れることを考えるなら、CD販売や音源配信を検討する事務所も多いと思うので、歌唱力があることに越したことはありません。

アイドルのオーディションでは、必ずと言っていいほど”歌唱力・ダンス”のチェックがあります。そのため、フリーの人に比べると養成所やスクールに通っている人は、周りに比べると有利です。

そのため、オーディションの合格率を上げたいなら、事前にボイトレやスクールに通って、歌唱力やダンスの表現力をアップさせることをおすすめします。

ファン対応の社交性

アイドルになることを前提として考えた場合、愛嬌や明るさだけではやっていけない部分があります。演者として活動する以上、アイドルになり切る必要があり、ファン対応も同様です。

最近では、「会いに行けるアイドル」が増えており、ファンとの距離感が近いアイドルも少なくありません。

アイドルからすると、固定のファンが獲得できるチャンスなので、割と頻繁にイベントを開催しています。そこで社交性がないと、なかなかファンがつかず売れないアイドルになってしまいます。

そのため、普段から人とコミュニケーションをとりつつ、社交性を身に着けることが大切です。それこそ、スカウトを待つためにも、ライブ配信をするのも方法の一つ。
(配信サイトの例を挙げると以下のとおり)

【アイドルが多い配信サイト】

  • 17live
  • ポコチャ
  • ビゴライブ
  • SHOWROOM

配信をしつつ社交性を身に着けて、オーディションに備えていきましょう。

自分だけの武器を持つ

一昔前に比べると、アイドル業界はグループも人数も明らかに増えました。歌やダンスができることは当たり前で、+αが求められる時代です。

売れるアイドルになるためには、自分だけが持てる武器が必要です。
(具体例を挙げると以下のとおり)

  • 天然でぴえん系なアイドル
  • あざとさで売るアイドル
  • かわいさで売るアイドル
  • 抜群の歌唱力で売るアイドル

人によって売り方はさまざまで、最近では国家資格を持つアイドルや、NGが一切ないアイドルなども増えてきました。

キャラが低迷する人もいるようですが、アイドルとして活動するなら、自分なりのブランディングをすることが大切です。

まとめ【アイドルになるなら事務所所属は必須】

アイドルになりたい人は、事務所や養成所に入ることが一番の近道です。大手の芸能事務所とコネクションがあるところだと、アイドルになれるチャンスもアップします!

しかし、事務所や養成所に入るにも、少なからずオーディションを受ける必要があります。その際、最低でも以下のスキルは身に着けておきたいところです。

【オーディションを受ける前に身に着けておきたいこと】

  • 歌唱力
  • ダンスの表現力
  • ある程度のビジュアル
  • 愛嬌・明るさ
  • 元気な挨拶

普段の生活から身に着けられこともあるため、日常生活で意識することが大切です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

芸能界に興味があったがなんか怖くなって挫折した男です。
今ではその時の熱をもとに色んなオーディション情報を更新しています。

コメント

コメントする

目次