赤ちゃんモデルはいつから?できる時期を徹底解説

年齢が限られている赤ちゃんだからこそ、赤ちゃんモデルをして思い出を作りたいと思う人も少なくありません。

しかし、いつから赤ちゃんモデルになれるのか、いつまで活躍できるのか気になる人も多いでしょう。

そのため、赤ちゃんモデルとして活動しやすい時期や、いつからなれるのかを把握しておくことが大切です。

【この記事をまとめると】

赤ちゃんモデルになれる時期

  • オーディションや事務所によって異なる
    (一般的には0~2歳、0~3歳)
  • 2歳以上の場合はキッズモデルになる場合もある

年齢を気にせず赤ちゃんモデルになる方法

  • 芸能事務所に所属する
  • 一般公募を受ける
  • スカウトを受ける
目次(タップでジャンプ)

赤ちゃんモデルはいつからなれる?具体的な年齢を紹介

赤ちゃんモデルになれるタイミングは、オーディションや所属する事務所によって異なります。

いつからいつまで募集しているか気になったので、当編集部でオーディション別でしらべてきました。
(詳しくは以下を参考にしてください)

【赤ちゃんモデルはいつからいつまでか】

  • キッズ時計の場合:0歳~3歳
    (0歳は生後3か月から)
  • クレヨンの場合:0歳3カ月~2歳まで(2歳以降はキッズモデル)
    ※キッズモデルの事務所
  • テアトルアカデミーの場合:0歳~3歳
    (0歳は不明)

どのモデル事務所でも、3カ月からスタートで、2歳・3歳まで赤ちゃんモデルとして活動できます。

生後3か月以内の赤ちゃんに関しては、ほかの事務所を見ても募集されていませんでした。

生まれて間もない赤ちゃんの場合、外にあまり出ないことが多いため、感染症のリスクがあるためだと推測できます。

赤ちゃんモデルの期間が終了すると、キッズモデルという位置づけになります。

キッズモデルは、オーディションや事務所によって異なり、一般的には3歳以降がキッズモデルになるようです。

しかし、2歳からキッズモデルになることもあるため、事前に確認しておくことが大切です。

テアトルアカデミーの評判・口コミ|やばい事務所って本当?

赤ちゃんモデルはいつから始めるのがベスト?

赤ちゃんモデルには、なりやすい時期となりづらい時期があります。

赤ちゃんモデル界隈では、なりやすい時期を”黄金期、なりづらい時期を”氷河期”とするようです。

それぞれ紹介すると、以下のとおりです。

【赤ちゃんモデルの氷河期・黄金期】

  • 黄金期:生後3か月~9か月
  • 氷河期:生後10か月以降

赤ちゃんモデルの仕事内容にもよりますが、おむつモデルとして活動する場合、体の成長に合わせてお仕事をする必要があります。

生後3か月から9か月以内だと、赤ちゃんのサイズにあったアイテムも多く、それなりに仕事がもらえます。

しかし、10か月以降になると、おむつモデルとしての仕事が減るため、一般的に氷河期と言われているわけです。

ただ、氷河期でも一切仕事がもらえなくなるわけではなく、もらえる頻度が少ないだけの話。

おむつモデル以外にも、テレビ出演や雑誌モデルなどの仕事もあるため、そちらの仕事で活躍する赤ちゃんも少なくありません。

そのため、いつから始めればよいかわからない人は、赤ちゃんの年齢に合わせてはじめることが大切です。

おむつモデルはいつからなれる?

赤ちゃんモデルと聞くと、ほとんどの人がおむつのパッケージや、赤ちゃん用品のモデルを想像する人が多いです。

おむつモデルや、赤ちゃん用品の雑誌・テレビCMモデルは、基本的に月齢が低い子が多く、乳幼児を対象にしています。

一般的に、赤ちゃんモデルがおむつモデルとして採用されることが多く、期間でいうと0~3歳までです。

おむつも対象年齢がありますし、幅広く募集されているのが現状です。

しかし、パンパースやムーニーマンのおむつモデルの場合は、0歳3か月~6か月ほどが多いイメージ。

そのため、おむつモデルとして活動させたいなら、早いうちからの活動をおすすめします。

基本的には、事務所所属→赤ちゃんモデルという形になりますが、いずれにせよオーディションを受けることが大切です。

年齢を気にせず赤ちゃんモデルになる方法

赤ちゃんモデルで、月齢を気にする人も少なくありません。

いつから始められるのか、いつまで活動できるのか気になる人も多いですが、年齢を気にせず始めるなら以下の方法がおすすめです。

【月齢を気にせず赤ちゃんモデルになる方法】

  • 芸能事務所に入る
  • 一般公募を受ける
  • スカウトを受ける

年齢も多少は左右しますが、赤ちゃんモデルの年齢を超えていても、キッズモデルとして活動できる場もあるため安心です。

芸能事務所に入る

もっとも簡単に赤ちゃんモデルとして活動できるチャンスがあるのが、芸能事務所です。

芸能事務所の場合は、月齢はほとんど関係なく、所属した時点でさまざまなお仕事がもらえる可能性があります。
(具体的には以下のとおり)

【芸能事務所でもらえる仕事】

  • テレビCM
  • ドラマ出演
  • 映画出演
  • おむつモデル

また、おむつモデルの場合は、いずれかの事務所を経由してから募集されることが多く、一般公募はほとんどありません。

そのため、おむつモデルになるためには、赤ちゃんモデルとして芸能事務所に入る必要があるため注意しましょう。

いつから所属できるのか気になる人も多いですが、生後2~3か月が目安です。

所属にはオーディションが必要ですが、Twitterには通過したという声も多いので、挑戦してみる価値は十分あります。

一般公募を受ける

事務所所属のオーディションとは異なり、一般公募をしている赤ちゃんモデルもあります。

一般公募とは、フリーでオーディションを開催しているところで、無所属でも応募できるオーディションのことを指します。

具体例を挙げると、以下の媒体・サイトでよく募集されています。

【一般公募の例】

  • ひよこクラブ
  • baby-mo
  • mamagirl
  • 赤すぐ

いずれも、雑誌や育児系の本で、読者モデルとして募集されています。

Twitterを見ると、実際に採用された子もいるため、チャンスはありそうです。

雑誌で主に募集されており、月例制限は問いません。しかし、デメリットもあり、あくまでもボランティアの一環として採用されることが多いようです。

事務所所属の場合は、ギャラも発生しますが、一般公募の場合はギャラが出ないことがほとんど。

あくまでも、赤ちゃんモデルとして思い出に残したい人におすすめな方法です。

関連記事>>赤ちゃんモデルは給料もらえるの?報酬やギャラの相場を公開

スカウトされる

赤ちゃんモデルは、スカウト経由でなる子も多いです。

しかし、キッズモデルと比べると、街中や養成所でスカウトされることは少なく、SNSで声がかかることが多いです。

ママ垢を作って、子どもの写真を掲載し、そこからDMなどでスカウトを受けることがほとんど。

Twitterを見ると、実際にスカウトが来た人が投稿していました。

そのため、普段からSNSをしている人は、スカウトを待つ目的で赤ちゃんの写真を投稿する方法もありです。

まとめ【赤ちゃんモデルは生後3か月から】

赤ちゃんモデルは、事務所やメディアにもよりますが、生後3か月から募集されていることが多いです。

いつからいつまで気になる人も多いですが、早ければ早いほどチャンスです。

とくに、3か月から9か月の間は、赤ちゃんモデルでも黄金期と呼ばれているタイミングなので、オーディションを受けるとよいでしょう。

また、月齢を気にしないなら、一般公募を受けるのもありです。

赤ちゃんの期間は短いので、思いで作りのためにも、オーディションを受けることをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

芸能界に興味があったがなんか怖くなって挫折した男です。
今ではその時の熱をもとに色んなオーディション情報を更新しています。

コメント

コメントする

目次(タップでジャンプ)