MENU

ドラマの子役オーディションはどこで受けられる?流れ・概要を紹介!

子役としてドラマに出るためには、オーディションを受ける必要があります。

事務所に所属して紹介を受けることがほとんどなので、オーディションを受けるにしても事務所経由で受けなければなりません。

そのため、子役としてドラマに出させたいなら、事務所や養成所への所属を検討しましょう。

【この記事をまとめると】

子役がドラマに出演する流れ

  1. 子役事務所・養成所に案内がある
  2. オーディションを受ける
  3. オーディションの結果から配役が決まる

おすすめな子役事務所の特徴

  • 演技指導が徹底されている事務所
  • 事務所の実績が高い
  • サポートが充実している
目次

子役でドラマに出る方法を紹介

子役としてドラマに出る場合、事務所経由でのオーディションがほとんどです。

一般公募による配役の決定はなく、あってもエキストラが多いです。

詳しい流れは後述しますが、制作会社やプロダクションとつながりがある養成所や事務所に、オーディションの話を流して配役を決めていきます。

そのため、自分の子をドラマに出させたい場合は、ドラマの出演実績がある事務所に属させることが大前提です。

子役がドラマに出演する流れ

子役としてドラマに出演する場合は、それぞれ流れがあります。

今後、自分の子をドラマに出演させたいなら、以下の流れを把握しておきましょう。

【子役がドラマに出演する流れ】

  1. 子役事務所・養成所に案内がある
  2. オーディションを受ける
  3. オーディションの結果より配役が決まる

事務所に話があり、そこからオーディションを受けて配役が決まります。

合格するためには、演技力や表現力が必要なので、スクールなどで学ぶことが大切です。

1.子役事務所・養成所に案内がある

前述しましたが、ドラマの一般公募はほとんどなく、基本的に事務所や養成所に話が行きます。

素人の子よりも、事務所や養成所などで演技力を学んでいる子を採用したほうが、オーディション側からしてもメリットがあります。

案内では、作品の簡単な概要と、対象の年齢や性別などを条件として募集されることが多いです。

その条件にマッチしたら、事務所を通して応募するような形です。

また、状況によっては、事務所や養成所の活動内容に応じて、個別でオーディションの話が来ることもあります。

2.オーディションを受ける

事務所や養成所にオーディションの話が来たら、参加希望を出して応募します。

書類選考にとおると、オーディションを受けることになります。

オーディションでおこなわれていることは、非公開になっていますが、過去に受けたことがある子の話を聞くと、以下のようなことを求められるとのこと。

【オーディションで求められること】

  • 演技力の審査
  • 表現力の審査
  • 基本的な受け答えができるかどうか

オーディションが決まると、事前に仮の台本を渡されて、指定のセリフが言えるかどうかを当日のオーディションで判断されます。

その際に、自然な演技力・表現力ができるかどうかで、配役として抜擢されるかが決まるわけです。

3.オーディションの結果より配役が決まる

オーディションが終わると、選考に入ります。

参加するオーディションによりますが、参加している人数によって選考にかかる時間が異異なります。

しかし、基本的にはいつまでに返事を出すかが伝えられることが多いです。

これが、子役としてドラマに出る一般的な流れです。

過去にドラマや舞台に出演実績がある場合は、監督・プロデューサーより直接声がかかって、配役に抜擢されることもあります。

おすすめな子役事務所の特徴

子役としてドラマ出演させる場合は、事務所に所属する必要があります。

その際、少しでもドラマに出させたいと思っているなら、以下の基準で事務所選びをしましょう。

【おすすめな事務所】

  • 演技指導が徹底されている
  • 事務所としての実績が他愛
  • サポートが充実している

ドラマの出演実績が高い事務所ほど、オーディションの可能性が高まります。

事務所選びの時点で、ドラマに出演できるかどうかが決まっているため、選ぶ基準にしましょう。

演技指導が徹底されている

子役として抜擢されるうえで必要なのは、演技力と表現力です。

オーディションの時点で、ずば抜けた演技力を見せつけることで、合格しやすくなります。

事務所や養成所に、ドラマの話が来るということは、少なからず演技力の指導を徹底している証拠です。

そのため、レッスンの一つとして、演技力指導がある場合は安心できます。

演技力のプロが徹底して指導してくれる場所なら、オーディションに合格するチャンスもアップします。

事務所としての実績が高い

ドラマへの出演は、事務所・養成所に大きくかかわってきます。

大手の事務所になってくると、オーディションの話もいくことが多いですが、地方の事務所や養成所になると、そもそもコネクションがない場合が多いです。

たとえば、テアトルアカデミーの場合は、鈴木福さんがキッズモデルから子役として抜擢されました。

オーディションをする側も、知名度が高く演技力が高い子役がいる事務所だと、安心して任せられます。

なかには、専属でドラマのオーディションを回しているところもあります。

そのような事務所なら、自分の子をドラマに出演できるため安心です!

サポートが充実している

ドラマの出演実績が多い事務所では、オーディションに合格するとサポートが受けられる場合もあります。

マネージャーの対応や、事務所からの福利厚生なども徹底してサポートしてくれる場合があります。

子役としてドラマで活動する場合、サポートが受けられないと不安です。

それに、初めての配役だと親としても不安があります。

そのような不安を払しょくするサポートをおこなっている事務所だと、安心して任せられます。

子役がドラマで活躍するために必要なこと一覧

オーディションに合格し、子役がドラマとして活躍するためには、それぞれ必要なことがあります。

売れる子役に育てるためにも、親として以下のようなことをしましょう。

【子役がドラマで活躍するために必要なこと】

  • 基本的な演技力
  • プロとしての立ち振る舞い
  • 親としての徹底したサポート

お金をもらって働くことになるので、プロ意識を身に着けることは大切です。

基本的な演技力

ドラマ出演で重要になってくるのが、基本的な演技力です。

ドラマへの出演が決まったとしても、演技力不足で降板させられることもゼロではありません。

この辺のサポートは、事務所がおこなってくれる場合もありますが、自宅で指導することも大切です。

また、子役は子どもに負担がかかる仕事でもあります。

演技力・表現力がうまくいかない場合や、台本を暗記する必要もあるからです。

この辺の指導やケアも、親の役割なので、子どもに負担がかからない程度に活動させましょう。

プロとしての立ち振る舞い

ドラマで子役として抜擢された場合、プロとして立ち振る舞うことが求められます。

子どもとはいっても、一人の子役なので、時間厳守は大前提です。

遅刻は許されませんし、大人の配役と変わらない扱いを受けます。

そのため、親としてそのことも子どもに指導しなければなりません。

特に、以下の点は意識して指導しましょう。

【子どもに教えるプロとしての立ち振る舞い】

  • お金をもらって働いていること
  • 子どもではなく大人と同じ扱いを受けること
  • 子役として活動する以上プロということ

子どもにプロ意識を叩き込むのは難しいですが、立ち振る舞いや所作は教えられます。

負担にならない程度に指導して、徐々に芽生えさせていくことが大切です。

親の徹底したサポート

先ほども触れましたが、子役は子どもに負担がかかる仕事です。

親の徹底したサポートがなければ、途中で投げ出してしまうことも少なくありません。

とくに、”子役としての仕事=いやなもの・嫌いなもの”とならないように、サポートする必要があります。

事務所からのサポートはありますが、身の回りのケアは親がおこないましょう。

具体例を挙げると、以下のとおりです。

【子役の子どもにできるサポート】

  • 現場まで送迎する
  • 時間管理を徹底する
  • 挨拶や発声などの基本的な指導をする

これらのサポートをすることで、子どもにかかる負担を少しでも減らせます。

まとめ【ドラマに出るにはオーディションが必須】

子役がドラマに出るためには、オーディションに合格する必要があります。

一般公募はなく、事務所での応募がほとんどです。

そのため、ドラマ出演実績が多い事務所に参加しましょう。

実績がある事務所なら、ドラマの話も流れてきやすいのでおすすめです。

さらに、演技力や子役になった後のサポートが徹底されている事務所だとなお安心です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

芸能界に興味があったがなんか怖くなって挫折した男です。
今ではその時の熱をもとに色んなオーディション情報を更新しています。

コメント

コメントする

目次