MENU

赤ちゃんモデルの写真は重要?取り方・NGパターンを紹介

赤ちゃんモデルとして活躍するためには、オーディションを受ける必要があります。

ただし、オーディションを受けるためには書類選考に通らなければなりません。その際に重要になってくるのが、写真です。

赤ちゃんモデルとして活動させたいなら、正しい写真の撮り方やNGパターンを把握しておきましょう。

【この記事をまとめると】

赤ちゃんモデルの写真が重要視される理由

  • 写真が第一印象を決めるから
  • 親の熱意・姿勢が写真でわかるから

赤ちゃんモデルで合格率が高くなるおすすめ写真

  • ポートレート機能を使った写真
  • 外で撮影した写真
  • 自然な笑顔の写真

赤ちゃんモデルの写真でNGなパターン

  • 写真写りがよくない
  • ピンぼけしている写真
  • 身だしなみが整っていない写真
目次

赤ちゃんモデルの写真が重要視される理由

赤ちゃんモデルで、オーディションを受けるためには履歴書を送る必要があります。

最近では、フォームに応募することも増えています。

その際、100%赤ちゃんの写真が求められますが、かなり力を入れたほうがよい項目です。
(理由は以下のとおりです)

【赤ちゃんモデルの審査で写真が重要な理由】

  • 写真がイメージを決めるから
  • 親の姿勢も写真でわかるから

オーディションの書類選考に通過するための写真なので、力を入れる必要があります。

親の姿勢も写真でわかりますし、意識することが大切です。

写真がイメージを決めるから

赤ちゃんモデルの書類選考では、さまざまなことが見られています。

そこで第一印象になるのが、写真です。

採用担当の人は、高確率で写真確認しており、何か光るものを探しています。

会ったことがない赤ちゃんの印象を知るためには、写真で判断するしかありません。

また、写真の印象がよいと、書類選考に通過した際の印象もよくなります。
(採用担当の人から目を付けられやすくなります)

そのため、赤ちゃんモデルの写真は力を入れることが大切です。

親の姿勢も写真でわかるから

当編集部では、子役事務所やドラマやCMでオーディションの採用担当をしている人とつながりがあります。

以前話をしたときに言っていたのが、送ってきた写真1枚だけで親の熱意・姿勢が伝わるそうです。

ネット上から応募できるフォームでは、ファイルの添付が義務付けられていますが、人によっては複数枚応募してくる人もいるとか。

実際、赤ちゃんモデルとして活動するには、親のサポートも重要になってきます。

書類選考を通過する子は、最高の一枚を送ってくる親も多いです。
(通過する理由も何となくわかりますね…!)

かわいいと思って撮影した写真でも、以下のようなパターンだと大違いです。

【赤ちゃんモデルで採用される写真・されない写真】

  • 背景がシンプルでおしゃれな格好をした笑顔がかわいい赤ちゃん
  • 生活感がある部屋で鼻水を垂らした肌着の赤ちゃん

着飾っていない写真なら後者ですが、赤ちゃんモデルとして採用するなら前者です。

このように、赤ちゃんモデルとして活動させるためには、親の努力も必要です。

オーディションに受からせたい親が意識したい写真のコツ

自分の子をオーディションに受からせたいなら、コツを意識しましょう。

複数のコツがありますが、とくに以下は意識したいところです。

【赤ちゃんモデルの写真で意識したいコツ】

  • 基本的なことを押さえて写真を撮る
  • カメラのポートレート機能を活用する
  • 生活感がない場所で撮影する

写真映えする撮り方をすると、オーディションも通過しやすくなります。

基本的なことを押さえて写真を撮る

赤ちゃんモデルの写真撮影では、さまざまなことを意識する必要があります。

写真を撮影する前に、最低限以下のポイントはチェックしましょう。

【赤ちゃんモデルの写真で最低限意識したいこと】

  • 軽く赤ちゃんの顔を拭いてきれいな服を着せる
  • 被写体を真ん中にして撮影する
  • ブレないように写真を撮影する

赤ちゃんの身なりは、書類選考でよく見られているポイントです。

軽くタオルで顔を拭いて、こぎれいな格好をさせることが重要です。

さらに、撮影する際は赤ちゃんを画像の真ん中に来るようにします。

採用担当者が求めているのは赤ちゃんの顔なので、ハイハイ中の写真や、顔が正面を向いていないものは対象外です。
(2枚目以降の写真として送るならよいですが)

逆光やブレに気を付けつつ、かわいらしく映るように撮影することが大切です。

カメラのポートレート機能を活用する

スマートフォンやデジタルカメラには、ポートレート機能が備わっているものがあります。

ポートレート機能とは、被写体だけに焦点を当てて撮影する機能です。

ポートレートで撮影すると、背景がぼかされるので、被写体のみが際立って移ります。

公園や室内で撮影する際に、ポートレート機能を活用すると、写真映えが良くなります。

オーディションでも書類選考に通過しやすい写真なので、積極的に設定しましょう。

生活感がない場所で撮影する

よくやりがちな失敗で、赤ちゃんを撮影する際に、生活感がある場所で撮影する人がいます。

オーディションに合格するためには、すこし大げさでもいいので、スタジオで撮影したような写真をおすすめします。

NGパターンとしても紹介しますが、以下のような写真は要注意です。

【設定しないほうがよい写真一覧】

  • 散らかった部屋が移っている
  • ぐしゃぐしゃのベッドの上で撮影された写真
  • テレビの背景が映り込んでいる

このような写真は、正直おすすめできません。

いくらかわいく映っても、背景に気がとられてしまい、無頓着な親だと思われる可能性があります。

そのため、できる限り赤ちゃんに対して目が向くように、以下のような写真を設定しましょう。

【おすすめな写真一覧】

  • 白バックの背景で撮影する
  • ベビーベッドに寝かせてぬいぐるみと一緒に寝かせる
    ※版権系(ディズニー、ポケモンは避ける)
  • 公園で撮影する

好印象を受けるような写真なら、オーディションも通過しやすくなります。

これはNG!赤ちゃんモデルで送らないほうが良いNG写真

赤ちゃんモデルでは、送らないほうがよい写真のNG例があります。

送ってしまうと、書類選考の時点で落とされてしまうので注意しましょう。

具体例を挙げると、以下のとおりです。

【オーディションに送らないほうが良いNG写真】

  • 赤ちゃんの顔がよくわからない
  • ピンボケしている
  • 身だしなみが整っていない

写真撮影で重要なのは、赤ちゃんの顔を映すことです。

被写体がブレていたり、身だしなみが整っていなかったりすると、審査の対象外なので注意しましょう。

赤ちゃんの顔がよくわからない

赤ちゃんモデルでの写真は、顔がわかるものが大前提です。

採用担当の人に話を聞くと、以下のような写真を送ってくる人も多いそうです。

【オーディションに送られてくるNG対象の写真】

  • 加工のしすぎで顔がよくわからない
  • 顔が手や帽子などで隠れている
  • 寝ている写真
  • ハイハイ中の写真(正面を向いていない)

親としてかわいいと思った写真を設定するのもよいですが、採用担当者が見ているポイントではありません。

一番の目的は、どのような顔をしているか確認することです。

そのため、赤ちゃんの写真を撮影する場合は、少しでも自然に映るように撮影することが大切です。

ピンボケしている

こちらも大前提ですが、ピンボケしているような写真は、書類選考の対象外。

最近のスマートフォンのカメラ機能は、自動で手振れ補正がついています。

しかし、オーディションに書類を送る前に、一度確認しておくことが大切です。

また、ンボケのほかにも、逆光がないかどうかも確認し魔装。

全体的に写真が見づらいなら、明るさを調整したり、トーンを調整したりして、映えるような写真を設定しましょう。

身だしなみが整っていない

身だしなみが整っていない写真も、書類選考の対象外なので注意が必要です。

自分の子どもをオーディションに通過させたい一心で、何も準備せずに撮影する人がいますが、以下のような写真はNGです。

【設定しないほうがよいNGパターンの写真】

  • 食事している最中の写真
  • 鼻水・ヨダレが垂れたままの写真
  • 肌着での写真
  • 服がシワシワでヨレている

もちろん、赤ちゃんのためにもリラックスした状態で撮影したいので、家での撮影をおすすめします。

しかし、生活感があまりにも出ている写真だと、落とされる可能性も高まります。

日常風景を撮影するのもよいですが、オーディションに合格することを考えて、こぎれいな格好をさせて撮影することが大切です。

まとめ【赤ちゃんモデルの写真は徹底して撮影しよう!】

赤ちゃんモデルに応募する際、写真がかなり重要になってきます。

オーディションに合格させるためにも、赤ちゃんがかわいく映る写真を設定しましょう。

以下の点を押さえると、書類選考も通過しやすくなります。

【赤ちゃんがかわいく映る写真】

  • 笑顔の写真
  • 赤ちゃんが真ん中に写っている写真
  • こぎれいな格好をしている写真

目標はオーディションに合格することなので、生活感がある写真は求められていません。

自分で撮影することが難しいなら、プロに依頼するのも一つの方法です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる