赤ちゃんモデルのその後は?ステップ別で紹介

赤ちゃんという期間は短く、赤ちゃんモデルとして活動する期間も比例して短いです。

そのため、赤ちゃんモデルの期間が終わったその後が気になる人も少なくありません。

ただ、テレビや雑誌で活躍しているタレントも、実は元赤ちゃんモデル・キッズモデル出身者が多いのが現状です。

【この記事をまとめると】

赤ちゃんモデルのその後について

  • キッズモデルとしての活動
  • モデル・雑誌モデルとしての活動
  • 舞台俳優・女優として活躍する
  • タレントとして活躍する
  • 引退して一般人になる
目次(タップでジャンプ)

赤ちゃんモデルとして活躍!その後はどうなる?

倍率が高いオーディションに合格して、無事赤ちゃんモデルになれたとします。

しかし、赤ちゃんモデルとして活動できる期間は2歳まで。
(長い場所で3歳まで活動できます)

その後が気になる人も多いも多いですが、一般的には以下のように進んでいきます。

【赤ちゃんモデルのその後】

  • キッズモデルとして活躍する
  • モデルとして活躍する
  • 舞台俳優・女優として活躍する
  • タレントとして活躍する

赤ちゃんモデルとして活動する形にもよりますが、事務所に所属している場合は、ステップアップして活動することが多いです。

赤ちゃんモデルとして人気が出ているなら、その後キッズモデルとして活動する未来もあるので安心です。

1.キッズモデルとして活躍する

赤ちゃんモデルの期間が終わると、キッズモデルとして活動することも多いです。

赤ちゃんモデルとして活動できる期間は、所属する事務所によって異なります。

基本的に、1~2歳が主流で、3歳まで赤ちゃんモデルとして活動できる場合もあります。

そして、そのままキッズモデルとして仕事が来ることが多いので、エスカレーター式に仕事をもらえるようなイメージです。

キッズモデルの仕事の例を挙げると、以下のとおりです。

【キッズモデルの仕事の例】

  • ドラマの出演
  • CMの出演
  • 子ども雑誌のモデル

赤ちゃんモデルよりもマルチに活動できるため、タレントとして活動する視野が広がります。

2.モデルとして活躍する

赤ちゃんモデルからキッズモデルになっても、キッズの期間もそう長くはありません。

こちらも事務所次第ですが、一般的には小学生の11~12歳までです。

赤ちゃんの期間よりは長いものの、それでも期限があります。

ただ、キッズモデルからのステップアップで、モデルとして活動する子もいます。

厳しい道ですが、キッズモデルとして活動していた期間があるため、優遇されることも珍しくありません。

さらに、キッズモデルとして所属していた事務所で、モデルとしての仕事がもらえることもあるため、一からオーディションを受ける人よりは差があります。

キッズモデル時代の演技力や、ポージングなどが生かせるので、モデルになっても活動できる人が多いです。

3.舞台俳優・女優として活躍する

モデルとして実績を積んでいくと、芸能界で生きていきたいと思う子も少なくありません。

また、赤ちゃんモデル・キッズモデルでドラマやCMの配役に抜擢されると、俳優・女優を目指す子も多くいます。

一からオーディションを受けるよりも、芸能事務所で指導されてきたことや、自分がドラマで活躍してきたということが自信になるので、素質は十分です。

それに、テレビで活躍している女優さん・俳優のなかには、キッズモデル出身の人も多いです。
(例:鈴木福さん、芦田愛菜さん、井上真央さんなど)

舞台俳優として経験を積んで、ゆくゆくはテレビに出演する俳優になる人もいます。

子どもの意思を尊重する必要はありますが、希望するなら活動させるのもありです。

4.タレントとして活躍する

俳優や女優としての道ではなく、タレントとしての道を進むキッズモデルもいます。

有名どころでいうと、大沢あかねさんはキッズモデルからタレントに抜擢された人です。

そのため、”赤ちゃんモデル→キッズモデル→タレント”として活動する子は、割と多いです。

モデルとタレントは仕事内容が違いますが、事務所のサポートが充実していると、指導も受けられます。

実際、子どものころから芸能界にいると、スタッフや出演者とのかかわりも増えていきます。

その経験が、番組内での発言やロケなどで生かせるわけです。

例外:引退して一般人になる

赤ちゃんモデルからキッズモデルに転身したあとは、引退して一般人になる人もいます。

キッズモデルとして活動するにしても、あらゆるところから引っ張りだこになるほど人気が出るのはまれです。

多くの子は、学校に通いながらモデル活動をします。

それに、仕事内容の過酷さから、華やかな芸能界とのギャップを感じてしまい、引退する子も少なくありません。

ただ、一般人になったとしても、赤ちゃんモデル・キッズモデルとして活動した経験は活きます。

決して無駄な経験ではないので、子どもが引退する意思表示をしたときは、静かに受け入れることが大切です。

赤ちゃんモデルで活動するうえで身につくこと

赤ちゃんモデルとして将来的に活動すると、身につくことがあります。

赤ちゃんモデルからキッズモデルにステップアップした場合、以下の力が身に付きます。

【赤ちゃんモデルからキッズモデルとして活動して身につくこと】

  • 自己表現力
  • 自分をよく魅せる方法
  • かわいく見せる方法
  • コミュニケーション能力
  • 空気を読む力
  • 時間管理・自己管理力

この湯に、キッズモデルとして活動すると、将来的に役に立つことがにつきます。

赤ちゃんモデル・キッズモデルとして活動が終わったとしても、子どもの将来のためになるので安心です。

将来を考えた行動をする

赤ちゃんモデルとして自分の子を事務所に入れる場合は、親としてさまざまな覚悟を決める必要があります。

事務所に入ったとしても、必ず仕事がもらえるとは限りません。

それに、成長してキッズモデルやモデルとして活動したいと子どもが言ってきた場合は、厳しさを伝えておく必要があります。

キッズモデルとして活動しても、生涯仕事をもらい続けるというわけではありません。

子どもは純粋にキッズモデルとしての活動を楽しんでいるかもしれませんが、その後のことを教えてあげるのも親の役割です。

まとめ【赤ちゃんモデルはステップアップする】

赤ちゃんモデルは、1~2歳までしか活動できないため、その後を考えているなら、ステップアップさせることが大切です。

赤ちゃんモデルからのもっとも気軽なステップアップは、キッズモデルとしての活動です。

しかし、キッズモデルもステップアップの一つで、”俳優・タレント”としての活動があることも、子どもに教えましょう。

そこから、子どもがどいうアクションを起こすかは別として、親としてサポートすることも仕事の一つです。

無理して続けさせる必要はないので、子どもの意見を尊重しつつ、活動させることが大切です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

芸能界に興味があったがなんか怖くなって挫折した男です。
今ではその時の熱をもとに色んなオーディション情報を更新しています。

コメント

コメントする

目次(タップでジャンプ)