MENU

子役で売れるには?求められることを徹底解説

自分の子どもがオーディションに合格して、無事子役として活動できるようになったとします。

しかし、売れる子役は一握りで、人によっては全然売れないことも多いです。

ただ、売れる子役には特徴があるため、だれにでもチャンスはあります。

【この記事をまとめると】

売れる子役に求められること

  • 発声練習・活舌の練習
  • 演技力
  • 台本を覚える記憶力

売れる子役に共通していること

  • 愛嬌がある
  • 世渡り上手
  • 子どもらしさがある
目次

子役で売れるには?求められること3選

子役で売れるには、最低限求められることがあります。

それぞれ具体例を挙げると、以下のとおりです。

【子役で売れるために求められること】

  • 発声・活舌
  • 演技力
  • 記憶力

どのような子役として活動するかにもよりますが、テレビやドラマなどで活動することを考えると、発声や演技力は必須です。

発声・活舌

売れる子役で重宝されるのが、発声・活舌です。

ドラマやCMでマルチに活躍させるためには、必要になってくる部分です。

ドラマや舞台を例に挙げると、演技をする必要がありますが、棒読みな子は降板させられることも少なくないとか。
(オーディションの時点で落とされてしまいます)

自然な演技をするためにも、普段の生活から練習させることが大切です。

演技力

演技力は、テレビや舞台で活躍するためには必須です。

しかし、ひとえに演技力と言っても種類があるため、わからない人も多いでしょう。

一般的には、以下のようなことが求められます。

【子役の演技で求められること】

  • 所作・動作
  • 表情の作り方
  • 舞台・テレビでの立ち振る舞い

演者として活動するなら、いずれも必要不可欠なことです。

感情がこもっていない演技だと、売れない子役になってしまいます。

こちらも、普段の生活から反復練習をして特訓することが大切です

記憶力(台本を覚えるため)

活動する内容にもよりますが、テレビで活躍するマルチな子役になるためには、記憶力も必要です。

しかし、文字だけを理解して記憶すればいいのではなく、作品に応じた世界観を把握することも大切です。

そのため、親として子役に指導することがあるなら、以下のようなことを教えましょう。

【記憶力の指導で教えること】

  • 作品の内容について
  • どのような世界観なのか

自分の役だけではなく、ほかの子役や演者との関係性を指導しておくことで、全体的な世界観をイメージしやすくなります。

よりリアリティある演技にするためにも、指導しておきたい部分です。

売れる子役に共通している3つのこと

売れる子役には、それぞれ共通していることがあります。

具体例を挙げると、以下のとおりです。

【売れる子役に共通していること】

  • 大人としての立ち振る舞いができる
  • 子どもらしさがある
  • 愛嬌がある

子役とはいえ、仕事をする立場です。

ほかの演者と同様に、プロ意識をもって活動させることが大切です。

大人としての立ち振る舞いができる

子役として活動するようになると、年齢差は関係ありません。

仕事をすることになった場合、大人としての立ち振る舞いが求められます。

遅刻をすることは問題外で、仕事のルールを守ることが大切です。

とくに、以下のような振る舞いができる子役は重宝されます。

【売れる子役に多い特徴】

  • 時間厳守
  • 挨拶ができる
  • 上下関係なく対等に話せる
  • プロ意識がある

子役である前に、人として常識がある子役こそ売れていきます。

子どもらしさがある

大人らしく振舞う子役も重宝されますが、子どもらしさがある子役も重宝されます。子役とはいえ、中身は子どもです。

子どもらしさがない子は、逆に需要がなくなるのでおすすめはしません。

そのため、以下のようなことを意識させましょう。

【子役の息子・娘に意識させたいこと】

  • 仕事とプライベートを分ける
  • 仕事の時は真剣にさせる
  • 収録外では素の自分を出させる

何事にも、メリハリがある子が売れていきます。

愛嬌がある

ビジュアル面でも、売れる特徴があります。

子役で売れている子に多いのが、外見のかわいらしさです。

目鼻立ちがはっきりしてる子だと売れやすいですが、それ以上に愛嬌がある子が売れます。

テレビで活動している子役で、顔立ちは普通でも売れている子は、愛嬌があってかわいい子が多いです。

重要なのは、周りから愛される万人受けする子役になることです。

子役で売れるためにするべきこと

自分の子どもを、子役として売れさせたいなら、以下のことを意識しましょう。

【子役で売れるためにするべきこと】

  • プロ意識を身に着けさせる

子役とはいえ、仕事をしている以上、大人と扱いは変わりません。

そのため、子どもの負担にならない程度に、プロ意識を持たせることが大切です。

プロ意識を身に着けさせる

子役として売れるには、自分の子が本当に子役に適しているのか見極めなければなりません。

仮に、子役として売れた場合、以下のようなことはできなくなります。

【売れる子役になるとできなくなること】

  • 友達と遊べなくなる
  • 学校に通える時間も限られる
  • プライベートがなくなる

子どものプライベートはほとんどなくなってしまうので、時には不安になってしまうことも少なくありません。

ただ、子役として活動して売れていくためには、割り切ってもらうしかありません。

そのため、仕事とプライベートを分けられるような、プロ意識を持たせることが大切です。

環境に適応できるように努力させる

子役で売れ続けていくためには、芸能界の環境に適応できるように努力させることが大切です。

正直、プライベートがはく奪されてしまうと、子どもに大きなストレスがかかってしまいます。

それに、以下のようなことでもストレスがかかります。

【子役にかかるストレス】

  • スケジュール管理がシビア
  • 演技力の練習
  • 台本を暗記する

子役とはいえ、お金をもらっている以上プロです。

環境になじめるかどうかで、売れるか決まってくる世界なので、親として最大限サポートすることが大切です。

まとめ【子役で売れるにはプロ意識が大切】

子役として売れるには、プロ意識が大きくかかわってきます。

テレビで活躍している子役は、大人以上にストイックな子も多いです。

素直で子どもらしい子も大切ですが、それ以上に以下のような子が求められています。

【子役で求められている子】

  • 大人っぽい振る舞いができる
  • 愛嬌がある
  • プロ意識があって仕事に対して真剣

演技力も求められるポイントですが、それ以上に愛嬌や所作などが重要です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

芸能界に興味があったがなんか怖くなって挫折した男です。
今ではその時の熱をもとに色んなオーディション情報を更新しています。

コメント

コメントする

目次